とくりかのブログ

淡路島でホームスクーリングをしています。4人の子どもたちとともにすごす何気ない日常のこと。その中で思ったことや気づいたこと。その他…などをつづっていこうと思います。

集中力って身につけるもんなん?

どうも!!とくりかです😁

 

今日は早朝に雨がけっこう降りました😆

ここまでカンカン照りの晴れが続くと、雨がありがたい!!恵みの雨だぁ〜😆🌧️

我が家のズボラプランターの植物もイキイキ✨

 

 

さて、子どもたちを日々そばで観察すること12年。(我が家はホームスクールをしています。)

 

 

思うことがあります。

 

 

それは、

 

 

好きなこと、興味があることをしているときの集中力が半端ない!!

 

 

と、いうこと。

 

 

今日も、我が家の3女が塗り絵をしていたんですけどね。

 

それはそれはものすごい集中力!!😳


f:id:tokurika:20210803223112j:image

 

「すごいね!!」「うまいね!!」「きれいに塗れてるね!!」

 

と、ついつい声をかけたくなりますがグッとがまん🤫

 

 

「みてみて〜😆✨」と言ってくるまで待ちます。



 

自分がよし!ここまでにしよう!!というタイミングで終えるまで、口をなるべく挟まないように気をつけています。といっても、ついつい言ってしまうこともありますけれどね…😅💦なるべく…ということで。


f:id:tokurika:20210803223156j:image

 

で、思うんですが、

 

 

集中力って身につけるもんなん?

ってこと。

 

 

好きなこと、興味があることだったらいくらでも集中してやりのける子どもたちを12年間見てきました。

 

うちだけ?

 

それとも、好きなこと興味があることなら誰でも集中できるものなのか?

 

 

私の興味をそそるところなのです。

 

 

自分自身を振り返ってみると…

 

学校の授業は意味がよくわからないし、あちこち気が散るし、人の話を聞いていても違うこと考えてたり…😅

 

全く集中力のない子どもでした。

で、集中力がないとよく言われたもんです💦

 

でも、そういえば…アリの観察とか、絵を描いたりしているときは自然に集中してたかもなぁ〜

 

集中力ないと思い込んでいたけれど、

自然と集中できる分野もあったんだなぁ〜なんて思ったりします。

 

 

何かを達成したりする必要があるときなど、集中力を鍛えないといけない分野もあるでしょうね。

 

 

でも、自然に集中できる分野。

これがその子の才能と繋がっているんじゃないかなぁ〜って、私は思っているのです。

 

なので、この子はいったい何に自然に集中しているんだろうか…?どんなことに興味があるんだろうか…?と、日々観察です。

 

無理して集中力を鍛えなくても、自然に集中できる分野を自然に伸ばしていったら、自然と何かになっている…

 

なんてことになったら面白いなぁ〜と密かに思っているとくりかです🤭


f:id:tokurika:20210803223324j:image

 

ホームスクールをするにあたって参考にした、久保淑子さんの本には、

 

本格的な学習は、13歳くらいまでしなくても大丈夫!という説が書いてありました。詳しくは書いてなかったので、どういう根拠なのかはわかりませんが、

 

その子が学習に興味が湧くまでは無理にさせなくてもいい!という久保さんの本の内容に、なぜか心が惹かれ、我が家では学習は無理強いしないでゆっくりゆっくりやっています。


f:id:tokurika:20210803224135j:image

それよりも、その子が好きなこと興味があることをとことんやる!!というスタンスでやっております。

 

長女は絵を描くことが大好きです。

 

最近は、You Tubeで、タブレットに描いた絵をスキャンして色や背景などを自分で好きなように付けるやり方を勝手に調べて、デジタルでのお絵描きもマスターしています。もちろん紙に描くのも好きです。

 

長いときは、気づけば一日の大半をお絵描きに費やしていることも多々。

 

次女は最近折り紙にハマっています。一緒に折り方をYou Tubeで調べていろんなものを作りました。

 

折り方をマスターしたら、今度はどんどん小さな折り紙にしていって、勝手に超ミニチュアのものまで出来上がっています😳😳😳


f:id:tokurika:20210803224201j:image

1年生の頃までは、あんまりうまく折れなくて、幼稚園に行っている子だったら折れるレベルのものも、なかなかできませんでした。

 

その頃は、ホームスクールだからできないのかな…と迷ったりモヤモヤしたりしたもんです😅

 

でも、できるようになるもんですね〜

しかも、本人がやりたくてやっているってのがいいなぁ〜と思うのです。本人のタイミングを待ってよかった〜!!😭😭😭

 

 

とにかく、一日の中で何かに集中していることも多いため、静か〜な日もあるわけです。

 

で、近所の人に、静かだから子どもいないのかと思ったわ!!なんて言われたこともしばしば…(笑)😅

 

いますともいますとも!!ほぼ一日🤣🤣🤣

 

 

ケンカしたり、大はしゃぎしたりして超うるさい日もありますけれどね🤭

 

家にいて退屈するときもあります。

 

でも、ずっと退屈しているということはありません。

 

退屈になっても、そのうち楽しいことを自分で探しはじめます。

 

なので、ホームスクールをしているからといっても、私は一日中子どもとつきっきりで遊んだりしているわけではありません。

(もちろん一緒に遊ぶときもありますよ😊)

 

家にずっと人がいると、家事もそれなりにやることがたくさんあるので、子どもたちが何かに集中しているときは、私は私で家事をこなす感じ。合間に息抜きとしてギター弾いたりちょこっと読書したり😊

 

子どもたちの集中力には助かってます(笑)

 

 

まぁ、そんな感じでそれぞれが好きなことをしながらすごしている我が家です。

 

子どもが何かに集中しているときは、なるべく完結するまでさせてあげる!!これはけっこうオススメです😁👍✨


f:id:tokurika:20210803224703j:image

 

今日も読んでくださってありがとうございます😊

 

育つまんま

どうも!!とくりかです😄

 

毎日ホント暑いですね〜😅💦💦

日ごろ、水をけっこう飲むんですけど、この時期は熱中症対策として、ミネラルがちゃんと残っている天然に近い塩を水に混ぜて一日一杯は飲むようにしています。水だけだと、体の塩分が薄まる気がして…😅

 

我が家の子どもたちも、水を飲む量が半端ないので、脱水症状の心配はあんまりありませんが、水道代がね…😅😅💦淡路島は水道代が高いのです!💦


f:id:tokurika:20210801000326j:image

(夕焼けが今日もきれいだった)

 

 

さて、我が家のズボラプランター(去年植えた大葉やミニトマトやキュウリやバジルのプランターを放ったらかしといたら、二世の大葉やバジルが勝手に生えてきた!笑)に、

 

いつの間にやら雑草が生えてきまして🤣

 

3階のベランダなので、どこから飛んできたのやら…😅

 

で、ズボラなもんで、そのまま放置しといたんです。

 

 

すると、伸びる伸びる!!😳

 

あまりにもぐんぐん伸びるので、どこまで伸びるんだろう…?と興味津々になってしまって。

 

ズボラプランターの大葉二世ちゃんたちの栄養を吸い取るだけ吸い取り、

 

大葉ちゃんたちは枯れてしまいました😅

ゴメンよ〜

 

 

で、いまだに伸び続けている雑草!!😳

 

私の身長154センチをだいぶ上回り、

 

こんなことになってしまいました🤣🤣🤣


f:id:tokurika:20210731235347j:image

 

ジャックと豆の木のお話を知っている3女は、

 

「コワイ〜!!😰お空まで伸びてくの?ねえ!!伸びるの?😠伸びちゃったらどぉすんの?切って〜!!😠😠😠」

 

と言ってホントに怖がってました😅

 

大丈夫👍それはないから🤣🤣🤣

 

 

でもまぁ、3女の身長からしたらそりゃ〜デカく見えるよね。

そろそろ切るかな…


f:id:tokurika:20210731235640j:image

 

大葉ちゃんには可哀想なことをしましたが、って言っても3階が暑すぎて直射日光当たりすぎて、去年もあんまりうまくできなかったんですけどね…😅

 

 

でも、すごくないですか?

 

 

この生命力💪💪💪🤣✨

 

 

肥料もやってないし、わずかな土だけがあるズボラプランターでこんだけ伸びるなんて!!

 

スーパーのお花売り場で買った植物は、ちゃんと手入れしないと育たないけれど、

 

雑草ってすごいなぁ〜と思ったんですよね。

 

これが自然のチカラか!!

 

 

我が家の目の前は、小さなお山なんですけど、山に生えてる植物も、人が肥料やったりしてないのに、丈夫に立派に育ってる。

 

多様な生物や落ち葉などの循環で、自然に育つ。

 

この、自然の摂理っていうのがね

私はとっても心が惹かれるんですね〜


f:id:tokurika:20210731235719j:image

 

人間の場合も、この自然の摂理って当てはまるんじゃないのかなぁ〜ってよく思うんですよね。

 

多様な人が多様な在り方をして、ありのままを表現したり受け入れられたなら、もっとうまくいくんじゃないかな〜ってね😊

無理して自分じゃない誰かになろうとしなくてもいい。常にわたしがわたし、あなたがあなたでいられる環境。

 

 

我が家の子どもたちも、

あの雑草のように

育つまんま

ありのままに

制限なくどこまでも伸びてったらいいな〜

 

と思いながら、伸びまくった雑草を眺めるとくりかでした😆


f:id:tokurika:20210731235811j:image

佐藤初女さん著:『いのちをむすぶ』より)

 

今日も読んでくださってありがとうございます😊🍀

 

感情をコントロールすることと感情にフタをすることの違い

どうも!!とくりかです☺️

 

淡路島は毎日暑い日が続いています☀️💦

お父ちゃん&3姉妹は今日も海🤣


f:id:tokurika:20210728233745j:image

 

インドアチームの私と長男は…

 

 

四者面談🤣🤣🤣👍

 

 

この時期、学校は三者面談の時期なんですね〜

我が家はホームスクールなのですが、一応学校に籍だけ置かせていただいているので、学校の先生も熱心に関わってくださっていて、

 

学期末なのでということで、長男の中学の校長先生、担任の先生が暑い中、我が家を訪問してくださいました。メダカを持って(笑)

 

長男が生き物が好きなので、校長先生が以前学校で校長先生が育てているメダカを何匹かくださったのですが、さらにまたくださって😆

 

卵もかえってるのですごい数になりました🤣

長男を気遣ってくださり、なんともありがたい話です!!

 

 

さて、今日は、感情をコントロールすることと、感情にフタをすることの違いを、身を持って体験したことから私が思うことを書きたいなぁ〜と思います。(あくまで個人の体験、意見です)

 

 

私は、幼少期から繊細で敏感で傷つきやすく、何かと感情のコントロールが苦手な性格だったんですけどね。

 

高校生のときに感情のバランスを崩し、自分でもコントロールするのが難しくなってしまい、家族といると何をしでかすかわからない自分が恐ろしくなって、実家を出て、母が信頼する牧師さんにお世話になり、教会のスタッフが共同生活をしているところにお世話になりました。

 

 

その牧師さんも、共同生活をしていたお姉さんたちも、本当に親身になってくださり、優しくも厳しくも、感情のコントロールができない私を支えてくれました。あの頃は、自ら命を絶ってもおかしくない精神状態だったので、私にとっては命の恩人であって、今でも感謝しています。


f:id:tokurika:20210728233930j:image

 

その牧師さんは、感情のコントロールはできること、感情は自分で選べることをずっと言い続けてくれました。

 

私も変わりたかったので、必死にそれを実践しようと努めました。そのかいあってか、だいぶ落ち着いて生活できるようになっていきました。

 

 

ところが、だんだんと人の痛みを感じられない…超ドライな自分になっていったのです。

 

 

あれ???

 

 

私って、こんなに何も感じない人間だったっけ…?

 

 

こんなの私じゃない…

 

 

と、自分が自分でないような恐ろしい…という感覚にふと襲われたんです。

 

 

どうしてこうなったのか、自問自答の日々…

 

 

で、私は気づいたんです。

 

 

感情をコントロールしていたつもりだった

 

けど、実際は、感情にフタをしていただけだったんだ…

 

ということに…

 

 

そこからです。もうすでに解決した!!と思い込んでいた、今までフタをして心の奥の奥の奥に溜まりに溜まっていた感情が次から次へと出てきたのは…😱😱😱

 

 

このとき私は知ったのです。

 

 

感情は、フタをしただけじゃ解決しない。

なかったことにはできないことに…

 

 

そして、感情にフタをしていると感性の扉が閉じてしまうことに…

 

 

そこから、私はその感情をひとつひとつ味わい、認めて手放す…という作業をひたすら繰り返しました。

(これは、子どもたちとすごす中で、子どもの感情をジャッジせずに受け入れて抱きしめてあげると落ち着く…もしくは、子どもが全部出し切ると落ち着く…という体験から学び、自分にもそうしよう…と思って実践したことです。)

 

 

幼少のころ傷ついた感情、中学の時イジメで苦しかった感情、高校で友達とうまくいかなくて辛かった感情などなど…

 

 

まだまだ途上ではありますが、

溜まった毒素がかなり出た…といいますか

 

だいぶ軽くなって、感情を感じるという感覚が蘇ってきました。

 

自分の気持ちも、子どもたちの気持ちも、他人の気持ちも、感じられるようになりました。

 

超ドライになってしまった私ですが、

優しさを取り戻した感じ?


f:id:tokurika:20210728234015j:image

 

 

繊細で感じやすい人は、傷つきやすいという反面、とても人に優しくなれる長所があります。

 

 

傷ついた感情が癒やされると、感情のコントロールも簡単にできるようになってきます。

 

どんな感情が傷ついているのかは人それぞれなので、癒やし方もそれぞれだと思います。

 

 

私の場合は、

 

 

自分を必要以上に責めないこと。

安心させてあげること。

自分を人と比べないこと。

自分を好きでいてあげること。

子どもは思い通りにはならない!でも、それでいい!!という前提でいること。

 

 

そんな感じで、感情が落ち着きます。

 

 

自分なりの感情のコントロールの仕方がだんだんわかってきました。


f:id:tokurika:20210728234037j:image

 

 

私に、感情はコントロールできるよ!!と教えてくれた牧師さんが間違ったことを言っていたわけではありません。

 

私が、実践の仕方を間違えたのです😅

 

 

 

なんでもそうですが、マニュアルがあっても、実践するにあたっては人の数だけやり方があるのですね。

 

子育てもそうですね。

育児本や専門家の話など、数えきれないほどあって、こうやったらいいよ!って情報はたくさんありますが、

 

実践するにあたっては、その子や親に合う合わないがあって、

 

親も育ってきた環境も様々なわけで…

 

だから、答えはその子自身、その親自身の中にしかないのかもしれません。




f:id:tokurika:20210728234216j:image


 

今日も読んでくださってありがとうございます😉💕

 

 

天然の美術館

どうも!!とくりかです😄

 

ここんとこ、淡路島は天気がよく洗濯物がカラッカラに乾きます😆洗濯しがいがある〜✨

夏は海とか行くからいつもより洗濯物が多いんですよ!!1日最低2回は回してます。


f:id:tokurika:20210725231552j:image

最近、洗濯機の調子が悪いので、いつもは自動でお風呂の水を吸い上げてもらって洗濯していたんですが、吸い上げなくなっちゃったので、

 

原始的に、バケツで汲んではジャー汲んではジャー💦を繰り返し、よい筋トレになっています(笑)

 

去年の夏は冷蔵庫が突然壊れました😱

我が家の洗濯機、14年目。もうちょいがんばってくれ〜💦💦


f:id:tokurika:20210725231615j:image

(結婚してから13年間家族6人分の胃袋を支えてくれた小さな冷蔵庫。お別れの日に撮りました)

 

 

最近、晴れの日はほぼ毎日海へ出かけるお父ちゃんと3姉妹😆いい感じに焼けてきました!!それとは対象的にインドアな長男🤣白い…まるでオセロ(笑)🤣🤣🤣


f:id:tokurika:20210725231642j:image

 

 

昨日は満月がとてもきれいでしたね😄

旦那さんとふたりでベランダから眺めながらいろいろ話していました。

 

 

最近夕焼けもきれいな日が多くて、

うちの子どもたち、夕焼けがきれいなのを発見すると、3階のベランダまでバタバタバタと駆け上がって行きます😆

 

 

みんなで夕焼けを眺めたり。

 

 

そのきれいな夕焼けに、さらにヒグラシの鳴き声が…

 

 

なんかいいなぁ〜

 

 

コロナであちらこちらに行けなくても、

美術館に行けなくても、

こんなにきれいな自然界の芸術を見れる。

しかもタダ😆


f:id:tokurika:20210725231717j:image

 

地球は天然の美術館だなぁ〜なんて思いながら😊

 

家族でゆっくり夕焼けを眺めることに至福を感じるとくりかでした😄


f:id:tokurika:20210725231732j:image

 

夕焼けがきれいだからって、3階まで駆け上がっていく、子どもたちのその感性もとっても好きだ〜!!!😆❣️❣️❣️

 

 

いつか、夕日と海がセットで見れる庭付きの一軒家に住みたいと夢見ているとくりかファミリーです😁


f:id:tokurika:20210725231759j:image


f:id:tokurika:20210725231812j:image

 

読んでくださってありがとうございますね😄

暑い日が続いていますが、皆さんが笑顔で元気でいられますように🙏

 

キレる自分から穏やかな自分へ2

どうも!!とくりかです😊

 

 

今日もいいお天気😆☀️✨

子どもたちはお父ちゃんと海へ行って遊び、帰ってきてからもそのまま近所で猫ちゃんと遊び、ブランコで遊び、

 

君たちどんだけ元気やねーん!!😳って感じでした(笑)暑くてもなんのその🤣

 

うちは、あんまり暖房もクーラーも使わないので、わりと寒いのも暑いのも強いかもです。最近の夏は気温がヤバイのでバランスが大切ですがね😌8月は使うかもです。


f:id:tokurika:20210723225412j:image

 

さて、今日は私がキレやす母ちゃんだったのが、穏やかにすごせるようになった話のパート2!!

 

前回は、自分を責めるのをやめたことで穏やかになってきたということを書きました。

 

他にもいろいろ実践してきたことがあります。

 

 

善悪のジャッジから自分を解放する。

 

 

善悪のレッテル貼りをやめました。

 

私は、これはあってるのかあってないのか?正しいのか正しくないのか?という視点がかなりの割合で自分の頭の中を占めていました。

 

これは、自分が育った環境や教育、長年いたコミュニティーの影響が大きいと思います。

 

 

でも、善悪のレッテル貼りをしている限り、誰かを批難し、攻撃し続けなくてはいけないのですね。自分が正義であるために…

 

自分が良くないと感じることをした相手にイライラしたり怒ったり…

 

また、攻撃の対象が自分自身になってしまったり…

 

 

子育てはじめのころ、子どものこと、表面的な行動だけを見てジャッジしてよく怒ってたなぁ…

 

ごめんよ〜お母ちゃん未熟だったんだよ〜😭

 

子どもがなんでそうしたのか。

どんな背景があったのか。

どんな気持ちだったのか。

 

全然考えなかった…

 

 

でも、子どもが泣くとき、怒るとき、癇癪を起こすとき…子どもには子どもなりの理由がある。

 

善悪のジャッジが頭の大半を締めていたときは、表面的なことだけでジャッジして、簡単にこれはワガママだとかそれは悪いことだからとか決めつけていたんですよね…


f:id:tokurika:20210723225907j:image

 

でも、何事にもそこに至るまでにいろんな複雑な背景がある…ってわかってからは、簡単にジャッジしないで、まずそこに至るまでに何があったのか?何があるのか?にフォーカスするようになったのです。

 

そうすると、今まで悪だと見なしていた人物や行動に、思いやりを持てるようになってきたんですよね。

 

子どもたちへの接し方も、それまで浅い部分しか見れてなかったのが、もっと深く広く見られるようになったのですね。

 

 

「そんなことをしたらダメ!!」「ワガママ言うな!!」という怒り方から、

 

「どうしたの?」「何が嫌だったの?」「どうしたかったの?」というアプローチヘ変わっていきました。背景を理解しようと努めるようになったのです。

 

 

そんな感じで子どもたちと接しているうちに、子どもたちと心が通うようになり、ちゃんと対等なコミュニケーションがとれるようになっていきました。

 

心が通う関係になると、信頼関係もできてきます。子どもとの関係が楽になってきます。

 

親だと子どもをきちんと育てないと!!っていう責任を感じるあまり、ついついいろいろ注意したくなってしまいますが(私だけ?)、

 

 

子どもだから親の言うことになんでも従わないといけないわけではなくて、

 

親の方が子どもの目線に合わせてあげることが先なんだなぁ〜と学んだとくりかでした😌


f:id:tokurika:20210723225941j:image

 

どんな人のことも、簡単にジャッジしないで、なんでこうなんだろうなぁ〜とか、こういう人もいるんやなぁ〜とか、

 

背景に思いを巡らせたり、そのまんまを受け入れたりすると、あんまりイライラしなくなってきます🤭

 

あとは、責任感の強すぎる場合は、責任を負いすぎないことも大切かなぁ〜と思います。

 

子どもがこんなことするのは自分の育て方が悪かったのか?とかね。(←自分を責めるってやつですね。)

そうじゃない場合もたくさんありますからね。それに、そのときの精一杯をしてきたわけですからね。


f:id:tokurika:20210723230012j:image

 

善か悪か?よりも、楽しいこと心地よいことにフォーカスを当てて、目の前にいる人と心を通わせる方が幸せ感は倍増です😁👍❣️

 

りっぱないい子を育てるよりも、子どもと一緒に楽しくすごす方が大切なのかなぁ〜って思います。

 

 

今日は、子どもたちと作った自家製梅干しと炊きたてご飯でおむすびを作ってお昼に食べました😆

 

ちょーすっぱかった🤣🤣🤣


f:id:tokurika:20210723230051j:image


f:id:tokurika:20210723230109j:image

今日も読んでくださってありがとうございます😁

 

ことばのチカラ

どうも!!とくりかです😊

 

暑い日が続いていますね…😅💦💦

みなさん、体調は大丈夫ですか?


f:id:tokurika:20210722171920j:image

 

さて、今日は自分が育ってきた中で培ってきてしまった負の要素から学んだ、親が子どもに言う「ことば」の影響力のことを書こうと思います。

 

 

私の父は、とても真面目で勉強もスポーツも日曜大工も料理も家事も、なんでもこなしてしまういわゆる「できる人」でした。

 

とても厳しい人で、100点以外は認めない!!という完璧主義の人でした。

 

私は、なんでも人一倍時間がかかるうえに、人が言っていることが一回ではなかなか理解ができない…

 

 

なんでもできてしまう父からしたら、私みたいなタイプを受け入れるのはとても難しく、理解できなかったのでしょう。

 

かけられてきたことばは、「バカだこと!!」「デキソコナイ!!」「パパの子なのになんでこんなこともできないんだ!!」…などなど。

 

とにかくいつも怒ってた😅



私は、なるべく怒られないように怒られないように…と思いながらうまくやろうとするのですが、かえってさらにできなくてよけいに怒らせる…みたいな感じでした。

 

そんなこんなで、気づいたときにはとてつもなく自信のない無気力な性格になっていました。

 

 

 

私は、親のことばがどれほど子どもにとって影響力があるのかを、身をもって体験しました。

 

なので、ことばの大切さは身にしみてわかっています。


f:id:tokurika:20210722172148j:image


今、母になり、子育てをする中で、どんなことばを子どもにかけるかは、私が大切にしていることの一つです。

 

とはいえ、負のことばをさんざんかけられてきたゆえに染みついているものもあって、いつも完璧に良いことばをかけてあげられているわけではありませんがね…😅

 

 

でも、「ありがとう」「大好きだよ」「いいね」「ごめんね」「助かるよ」「大丈夫だよ」ということばをたくさん使うようにしています。

 

できてないところを指摘するのはほどほどに。


f:id:tokurika:20210722172122j:image

 

子どもは、親のことばを吸収して育ちます。「早くして!!」とたくさん言っていると、あなたは遅いというメッセージが伝わって、結果ますます遅くなる…ということが起きたりします。

 

あなたのことが大好きだというメッセージは、何より大切なメッセージだと思います。その「大好き」に条件を付けないことが大切です。

 

何かができたときや、自分の思うようにしてくれたときだけ大好きと言うんじゃなくて、

 

何かができてもできなくても、

自分の思うようにいったときもそうでないときも、

いつも大好きだというメッセージ。

 

そこには、あなたはここにいていいんだよ!!

という、存在の受容というメッセージがあるのです。

 

 

これをやっている中で、ふと自分自身も癒やされてきているのに気がついたときがあります。

 

人一倍なんでも時間がかかってしまう私…

みんなのようになかなかうまくできない私…

人の言っていることをなかなか理解できない私…

 

 

それでも、いてよかったんだなぁ〜

 

 

 

って思えるようにだんだんとなってきました。

 

 

子どもたちは、私とは全然違う育ち方をしています。

 

 

そんな子どもたちを見ていると、やっぱりことばの大切さを感じずにはおれません。

 

 

 

子育てだけではなくて、仕事でも何らかの組織でも、そのトップの人が、部下や仲間にどんなことばをかけるのか、どんな態度で接するのかはとても大事なことだと思います。

 

「お前はダメだ…」

というメッセージを送るのか

 

「信頼している」

というメッセージを送るのか

 

きっとそのとおりになります。

 

 

自分が発したことばを1番身近で聞いているのは自分自身。

 

なるべく自分自身に良いことばをたくさん聞かせてあげたいですね😄💗

 

ことばに思いをのせるとさらに心が満たされます💗💗💗


f:id:tokurika:20210722172501j:image

今日も読んでくださってありがとうございます☺️



f:id:tokurika:20210722174006j:image

 

生活を楽しむ

どうも!!とくりかです😄

 

夏らしくなってきましたね〜☀️💦

しばらく天気が続きそうなので、今日は子どもたちと梅干しを干しました😆❣️


f:id:tokurika:20210719233704j:image

スーパーで売ってる梅干しは美味しいし、買ってしまったほうが楽ですが、

 

こうやって、うまくいくかわからないけれど、子どもたちと一から作ってみるのも楽しいものです😄


f:id:tokurika:20210719233724j:image

来年は味噌やろうね〜って言ってます😆

 

今はなんでもお店で買える便利な時代ですが、昔はこうやって家で梅干しや味噌、漬物などを作っていたんだな〜なんて思いながら、子どもたちとの梅干し干しを楽しんでおりました😊

 

梅干しや味噌作りって、季節感も感じられてとてもいいなぁ〜と思います。子どもたちにとっても、とても良い学びだと思います。

 

子どもと一緒に作るとなぜか美味しくなる現象ってのが起きたりするんですよね。いつもってわけじゃないけれど😅


f:id:tokurika:20210719233747j:image

 

以前、たまにお世話になっていた大好きなお料理教室の先生が教えてくれた話なんですがね。

 

あるとき、ニコリともしない無表情のおばさんと、子ども数人が生徒さんで習いに来たそうです。

 

で、子どもは、先生が教えたとおりにはなかなかできない😅野菜を切るのもカタチはいびつ。とうてい、大人がやるようにはうまくいきません。

 

でも、子どもたちはとっても楽しそうに作っていたそうです。

 

その間、おばさんはずっと無表情で作っていました。

 

ところが、お料理が出来上がって、みんなで食べたとき、

 

「美味しい!!」

 

と言っておばさんが笑顔になったそうです。それまで一度も笑わなかったおばさんが…

 

その話をしながら、先生は

「子どもって不思議なのよね〜子どもが作ると、けっこうめちゃくちゃでも美味しくなっちゃうのよね〜」

 

なんて言ってました😆

 

きっと、子どもがもっているワクワクや楽しい〜😆✨✨っていうエネルギーが、お料理に入るんでしょう!!


f:id:tokurika:20210719233826j:image

うちの梅干しはうまくできるかな?😄

 

 

まぁ、うまくいくかはわかりませんが、子どもたちと梅干しを干しながら、なんとも言えない至福を感じるとくりかでした😆💞

 

特別な何かがあるわけでもない。

淡々とすぎていく日常。

 

そんな日常の生活を楽しむ。

 

何か特別なことをするわけではないけれど、

一緒にいる。一緒に笑う。たまにケンカ。

 

本当は、そんな何気ない日常が、とっても贅沢なことなのかもしれませんね☺️


f:id:tokurika:20210719233849j:image

 

今日も読んでくださってありがとうございます😁👍


f:id:tokurika:20210719233910j:image

(自然の芸術!!ものすごく美しいカタチの蜘蛛の巣に、西日が当たり虹色に輝いていました🌈)