とくりかのブログ

淡路島でホームスクーリングをしています。4人の子どもたちとともにすごす何気ない日常のこと。その中で思ったことや気づいたこと。その他…などをつづっていこうと思います。

長女11歳🎉

どうも‼︎とくりかです😄

 

 

昨日で長女が11歳になりました🎉🎉💖

 

 

子どもって、本当にあっという間に大きくなってしまいますね〜😭

 

10まではなんか「子ども」って感じだけど、それに1プラスされただけでなんか大人に近づいてる感が急に増すのは私だけ…⁈🤣

 

 

ホームスクーリングの我が家にとって、家族の誕生日は一年の中でも一番盛り上がる行事です。なぜか誕生日の日は早起き(長男以外🤣)

 

みんな朝からワクワクそわそわ

 

 

朝からなにやら使い終わったトイレットペーパーの芯をかき集めて、一所懸命に長女へのプレゼントを作っている3女🤣(子どもにとってはなんでも材料・お宝になる‼︎✨)

 

そして、それを喜んで受け取る長女。全然無理してない。本当に嬉しそう😆

 

 

次女も自分のおこづかいで買ったプレゼントをあげました。

長女のことよく見てるなぁ〜と思う。

長女の好きそうなもの、長女が今欲しいもの、長女が使っているシャーペンの芯の太さなど…

シャーペンとミニメモ帳(シナモンちゃんの水色の長女が好きなやつ)と小物少々をプレゼントしていました。

 

プラス手作りのクジ付き。

しかもなぜか「ハズレ」…😅

ギャグなの?

 

みんなで大笑いでした🤣

 

 

長女のリクエストでお寿司を食べ、3姉妹が作ったケーキを食べ…

 

 

私、はじめてギターでバースデイソングを弾きました。思ったより簡単だった😆✨

 

 

最後は…

 

「生まれて来てくれてありがとう💖たくさんの幸せをくれてありがとう💖」

とハグで締め😊

 

 

我が家、5月周辺に誕生日が続くので、数日後に今度は3女です🤣楽しみは続く…

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます🍀

f:id:tokurika:20220428092144j:image

(横のはストーンチョコなんですけど、3女が買い物の時におねだりしてきて…てっきり自分が食べたくておねだりしたのかと思いきや…長女にプレゼントしたかったらしい🤣)

肯定も否定もない!

どうも‼︎とくりかです😃

 

 

我が家は、幼稚園も保育園も学校も行かず、はじめからホームスクーリング…という選択をしました。(今は次女だけ学校へ通っています。)

 

なので、生まれた時からずっと子どもたちと一緒にそれはそれは多くの時間を過ごしてきました。

 

 

それで、子どもたちを日々観察していて私が思ったこと…

 

 

それは、

 

 

子どもの意識はとてもピュアでニュートラ

だってこと。

 

 

 

まるで真っ白なキャンバスのように…

 

 

 

自分を疑うということもない

 

自己に対して肯定も否定もなく

 

ただただ自分を生きてる

 

 

過去でもなく未来でもなく

 

ただただ今を生きている

 

 

 

そんなことを思ったのです。

 

それで、

 

 

ああ…

 

きっと、自己肯定感とか自己否定感とか、過去への罪悪感とか未来への不安とかって、後付けでいろいろくっついていくんだろうな〜

 

って思ったんです。

 

 

良くも悪くも大人がつくった、社会・メディアや環境、大人の言葉などによって…

 

 

私もいろんな思い込みがあるし、解消されてないトラウマもあるし、完璧ではないので、子どもにとって負の影響を与えてしまったこともあるでしょう…😅

 

 

なるべくピュアな自己意識が壊れないように接してきたつもりですが、まぁ…負の影響があったとしても、それを反面教師にして自分自身を取り戻す力があると信じてます🤣

 

 

そんな感じで、

 

 

最近、よく

 

今を生きる…とか

 

ワクワクすることをする…とか

 

好きなことをする…とか

 

ニュートラルな意識になる…とか

 

けっこう目にするんですけど、

 

 

 

私的に…

 

 

えー‼︎それ子どもは意識しなくても自然にやってるじゃん‼︎

 

と思うわけです。

 

つまり、大人よ!子どもに戻れということか?🤔

 

 

ならば‼︎

 

大人がいちいち手出し口出ししないで、そのまんま育ったらどうなるんだろう…?🤔

 

面白いことになるのではなかろうか…⁈

 

 

という、私の勝手な好奇心🤣

 

 

自然界では…

 

無農薬無肥料で育った自然栽培の野菜は腐らないんですよね。

 

 

放牧でストレスフリーな環境で育った家畜や魚は肉質が良い。

 

 

人間も本来は自然の一部。

 

ありのままで、自然に湧いてくるワクワクや好奇心のおもむくままに育ったら、心が健全に腐らずに育つ…なんてことにならないかな〜なんて思ったり…

 

 

 

 

で、かなり放牧状態の我が家なんですけどね(笑)

どうなることやら🤣

先のことはわかりませんが、なんとなくワクワクする。でも、怖い気持ちもある。そんなところを行ったり来たりしている感じです。

 

 

 

大人になると、社会の常識とか世間体とか優越感や劣等感、無価値感とか…なんかすごいいろんなものがくっついていますけど、

 

 

そんな私たち大人も、まだ幼かった頃は

純粋ピュアなただの「自分」だったのかもしれませんね。ははは

 

f:id:tokurika:20220426221300j:image

(長女作)

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます😊

待つこと

どうも‼︎とくりかです😃

 

 

最近、風船ブームが訪れている我が家です🤣

部屋中風船が散らばっております…😅

(たまにパンっ‼︎✨とわれますビビります…💦)

 

たかが風船…されど風船‼︎

 

いろんな遊び方があるようです😄

f:id:tokurika:20220414223549j:image

f:id:tokurika:20220414223600j:image

f:id:tokurika:20220414223610j:image

f:id:tokurika:20220414223631j:image

 

 

さて、今日は長女と3女と一緒に図書館へ行きました。

 

長女は、漢字の勉強はドリルをやるよりも、ふりがながふってある本を読みながら覚えたい‼︎と言うので、図書館へ。

 

 

ついでにと…

セリア(100均)に寄って、ダイソー寄って、夕飯の買い物して、鬼滅の刃の塗り絵をコピーして、マックでおやつ食べて…

 

と、盛りだくさんのコースでした😅

 

 

で、ですよ。

 

3女さんが一緒だと、道をまっすぐ進む…ということがないので、あっちへふらふら…こっちへふらふら…

 

 

そして…

 

 

セリアを出てすぐのところに、それはそれは長〜いたぶん30メートルくらいはあるだろう

 

フェンス‼︎…があるんですよ。

 

3女さんは登りまして、つたい歩きを始めました🤣

それもかなりチビチビ歩きの(笑)

f:id:tokurika:20220414223811j:image

 

あ〜…進まね〜😂😂😂

 

 

歩いて15分の距離は、長〜く長〜く引き伸ばされる…

 

図書館への道は長い…😂😂😂

 

 

でも、幼児の時期のこういうことって大事だと思うんで、待ちます😊

 

幸いホームスクールで時間に追われることが少ないので、その子のペースに付き合ってあげられるので、ありがたいなぁ〜と思います。

 

何年もこんな感じのを繰り返しているので、私は「待つ」ということを学ぶことができました。

 

一緒にいる長女も大変🤣

 

でも、上の子にとっても「待つ」ことを学ぶ機会になります。

 

長女は本当にイライラしないでよく待ってるなぁ〜と感心します。(イライラしてる時もたまにありますけど…)待つことに慣れてきた感じはします。

 

 

これは異年齢ならではの学びかな〜と思います。

 

小さい子と過ごすと、上の子も思い通りにいかないことが多く、何かと頭を抱えたりペースを合わせたりしなくてはいけないんですけど、イライラしたりしながらでも、だんだん待つことが自然になっているような感じがします。

 

 

今の時代は何でも早い方がいいような風潮を感じますが、

 

待つってとても大切なことなんじゃないかな〜と私は思っています。

 

 

ホームスクールはじめて一番私が費やしてきたことが「待つ」ことだったかもしれません。

 

 

 

満足するまでやると子どもは落ち着きます。だからやりきるまでなるべく待ちますよー🤣

 

 

なるべく…ね🤣🤣🤣

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます🍀

安心感を育むためにしてきたこと

どうも‼︎とくりかです😃

 

 

暖かい日が続いていますね😊

淡路島の桜はだいぶ散ってしまいました。

本当にきれいな時って一瞬ですねー

f:id:tokurika:20220409150010j:image

(桜の花びらをキャッチする…それだけのことがちょー面白い子どもたち🤣)

 

 

 

さて、私はちょー敏感体質でして、子どもの頃から何かとビクビクしていましてね…😅

なんでそうなったのか…今になって振り返るとわかるところもあり、わからないところもあり…

 

とにかく「安心感」というものが全くなかったんですね〜

 

まあ、

 

お父さんがいつも怒ってた…

 

お母さんが幸せそうに見えなかった…

 

お母さんが子どものことでお父さんに責められている姿をよく見ていた…

 

みんなみたいにうまくできなくて、ついていくのがいつも必死だった…

 

わりと小さい時に身近な人の死を何度か体験した…

 

そんなことの積み重ねなのかもしれません。

 

 

で、自分が通ってきたことを振り返って思うのは…

 

 

人が健全に生きていくために必要な根っこは、

「安心感」だな〜ということ。

 

 

そのことを強く思う私は、子どもたちが「安心感」をもつためにはどうしたらいいのか…そのことばっかり考えて、日常生活の細かいレベルまで落とし込むべく試行錯誤してきたように思います。

 

そう!今思えば、その「細かいレベル」に大事なポイントがあったなぁ〜と…

 

 

 

私が重視したのは、「感覚」です。

体を通して感じる感覚。感情。

 

安心できる感覚は?どうな感じ?

その感覚になる時はどんな対応をされた時?

安心できる言葉は?どんな言葉?

何て言われたら安心する?

 

そんなことを自問自答しながら子育てしてきた気がする。

 

 

 

はじめからそんな子育てをしてきたわけではありません。はじめは小言の多い怒ってばっかの、子どもにとってすごい嫌なお母さんでした😅

 

でも、そんな子育てが苦しくなり今に至る…🤣

やり方を変えた‼︎

 

 

親のこうして欲しいこうなって欲しい…という視点を一旦ゼロにして、子どもの視点でどう感じるか…に意識を向けました。

 

 

私にとってはかなりの訓練でした😅

 

失敗するたびに強烈に怒られてた私にとっては、失敗することへの恐怖がこびりついており、子どもが失敗しても責めないのは最初は本当に大変だった🤣

 

でも、子どもが失敗するのを許すことは私の癒しにもなっていきました。

 

失敗してもいいんだよ

 

やりたいこと自由にやってごらん

(これは子どもと自分に対する信頼がないと言えない)

 

今何したい?

 

今何着たい?(ヘンテコでもいいよ🤣)

 

今何が好き?

 

今何食べたい?

 

イタズラもオッケー🤣👍

 

なんかこぼした…?いいよ🤣👍

 

自分のペースでいいよ👍

 

そんな感じ。

 

 

そして、私自身が不安だと子どもにも伝わってしまうので、私が私を安心させてあげることを意識しながら😊(できてない時もあるけど…💦)

現状がどうであれ、意図的に安心感を創り出す…という感じです。

 

 

ニュースもほとんど見ません。(暗いのが多いから)必要そうな情報だけ自分で収集。

コロナも我が家では「コロナちゃん」(笑)と呼んでいて、最低限の予防はしますしマナーは守りますが、あんまり怖がらないようにしています。

なので、子どもたち見てると、たぶんコロナを怖がっている様子は全くなし。

 

 

ありのままの自分でいられる

 

自分の気持ちを素直に表現できる

 

ジャッジやコントロールされることなく、

肯定的に自分が受け入れられる

 

必要以上に恐怖の情報に触れない

 

そんなことが「安心感」に繋がるんじゃないかな〜って思いながら生活しています。

 

 

そして、そんなことを数年間続けて、今の子どもたちの様子を見ると…

 

「安心感」けっこう育っているんじゃないかな〜と感じます。

 

私の試行錯誤…無駄ではなかったかな😭

 

(私の「ひとつのことに集中してしまう」…という性質ゆえに偏っていたかもしれませんがね😅)

 

 

これは、子どもにとっては無意識の領域なんですけど、「安心感」が土台にあれば、どんどんいろんなことにチャレンジしていく…とか、失敗してもめげない…とか、多少の嫌なことも乗り越えられる…そんなことを子どもたちから感じます。

 

 

将来のこと、経済のこと、社会の現状…不安になろうと思えばいくらでも不安材料はあるんですけどね😂

 

そう…いつもできているわけではないのですよ😅

もともと不安の強い弱さがあるので、何かのキッカケで自分の中の「不安」が発動してしまい、イライラしたり迷ったり落ち込んだりすることもまだあります。

 

前よりは少なくなってきた…というだけ。

 

 

ああ…日々訓練🤣

子どもたちのためにも自分のためにも楽しんでがんばるぞ😆💪💪💪✨

 

今日も読んでくださってありがとうございます🍀

一番の師は子ども

どうも‼︎とくりかです😄

 

 

今日から新学期‼︎✨

次女は、ピカピカの新ランドセルを背負って登校しました。

 

夕方には、長女と一緒に教科書を受け取りに&新担任の先生に挨拶に学校へ行ってきました。

 

 

 

 

 

さて、私は高校中退で…

早くに生まれ育った実家を出て、社会に一足早く出ていったわけですが、

 

今振り返ると、私の中で「本当の学び」はここから始まったように思います。

 

 

精神的に様々な問題を抱えていて、家族ともうまくいっていなかったので、

実家を出て、私はとある教会の寮にお世話になりました。

 

そこは、教会の寮なので、DVから逃れるために一時避難してくる人や精神的に様々な悩みを抱えている人が回復のために一時期生活することがたくさんありました。

 

 

そこで出会った数々の人たち…

 

幻覚幻聴が聴こえてしまい、魔除けと称して頭にいつもビニール袋をかぶり部屋のあちらこちらにシナモンを撒いてしまう人…

 

DVから逃れるために一時的に避難してきた親子…

 

シングルマザーの親子…

 

自傷行為がやめられない子…

 

 

などなど…

 

 

そして、スーパーで働いていた時に出会ったクレーマーのおばさん…

 

多摩川で出会ったホームレスのおじさんたち…

 

学校を辞めた後に通っていたフリースクールの仲間たち…

 

ホームヘルパーをしていた時に出会った90歳近い愛にあふれた老夫婦や、戦後C級戦犯で逃げ回っていたおじいちゃん、認知症がひどい一人暮らしのおじいちゃん…

 

そして元ヤクザ🤣

 

 

などなど…

 

 

いや〜本当にいろんな人と出会い接する機会があったなぁ〜と思うのです😌

 

他にもいろいろいるんですけどね🤣

あげたらキリがないくらい。

 

 

で、そこに深い学びがあったなぁ〜と思うわけです。

 

なので、出会ってきた全ての人が私の師みたいなもんかな。

 

 

でも、その中で私にとって一番の師は子どもたちかな。

 

感情を押し殺してしまうクセが子どもの頃から強かった私は、子どもたちのお陰で、もっと思いっきり笑っていいんだよ…もっと思いっきり泣いていいんだよ…もっと生きてることを楽しんでいいんだよ…そんなことを教わってきた気がする。

 

子どもたちのお陰で今が一番生きてて楽しい‼︎

 

 

学校で学んだことも確かに役に立っていないわけではないんですけど、

 

私にとっては、学校を出てからの方がより深い学びがあったなぁ〜と思います。

 

私にとって学びとは…

生きることそのものなのかな〜

 

出会う人々、起こる出来事、全てから学べる。

その時興味がある本や漫画、映画、とにかく何からでも学べる。

 

高校中退やホームスクーリングなども経験し、自分の中で「学び」という概念というか定義というか…そんなものが変わった気がして…なんか学びの幅が広がったように思います。

 

真の学び…とは、リアルに自分と直結すること…なんじゃないかなと私は思っています😁

 

 

そして、さまざまな人たちと出会うことで、学歴なんかなくても自分の夢を叶えている人や、自分の生き方を確立している人…

 

そんなステキな人達に出会えたのもラッキーだったな〜と思います。

 

ホームスクーリングをしていると、ふと学歴のこととか将来のこととか心配されたり、自分自身が不安になったりすることがチラホラあるんですけど、

 

その度に、そのステキな人達のことを思い出すことができ、子どもたちの無限の可能性を信じよう‼︎って再起することができます。

 

 

様々なジャンルの人と出会えたことで視野が広くなった気がします。(ひどい出会いもあったけど…笑)

 

 

らいふいずびゅーてぃふぉー

 

 

全ての出会いに乾杯🤣🍻✨

 

すごいいろんな人に出会ってきたので、おもしろエピソードいっぱいあるよん😆✌️

 

気が向いたらそのうち個別に書こうかな〜(笑)

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます😊

f:id:tokurika:20220407222015j:image

(今日子どもたちと見つけたカエルちゃん💕)

3年生にしてピカピカのランドセル

どうも‼︎とくりかです😊

 

 

数日前、ホームスクーラーの友人ファミリーが長い旅の途中で遊びに来てくれました。

 

数年ぶりの再会だったのですが、そんな間が空いてたとは思えないくらい瞬間的にお互い溶け込んで自然に遊んでいる子どもたち。

f:id:tokurika:20220403172744j:image

全ての子…というわけではないと思いますが、今まで出会ったホームスクーラーの子は、遊びがとても平和…というか、わりと誰とでも分け隔てなく遊べる…というか、そんなふうに感じます。不思議…

 

この、ホームスクールが極少数派な日本で、ホームスクーラーの友人がいることはとても心強いものです。ありがたいわ〜😭

 

 

 

さて、我が家で唯一毎日学校へ行くことを自ら選択して登校している次女さん。

 

去年の9月から学校へ登校するようになり、いろいろ間に合わせ的に学用品などを揃えていきました。

 

で、ランドセルは、長女が学校ごっこに使っていたお古のちょっとヨレヨレのランドセルを背負って登校していたのですが…

 

本当は、紫色のランドセルが欲しかったみたい😅

 

 

我が家のギリギリ経済の中、長女と次女が…

「毎日のおやつ(100円分)一ヶ月我慢するから次女ちゃんのランドセル買って欲しい‼︎」

と言いまして…

 

思い切って購入〜‼︎🤣

(今の時期は在庫処分?なのか安くなってました✌️)

 

 

そして…

 

今朝、お目当てのランドセルが我が家に届きまして、

f:id:tokurika:20220403172822j:image

ルンルンの次女😆💕

 

そして、我が事のように一緒に喜ぶ長女😆💕

 

 

長女は、自分のを買うわけでもないのに、おやつ我慢する…とか、一緒に喜ぶ…とか、

 

すごいなーと思います。

なんなん?

ずるいとか、いいな〜とかないんか?😳

 

親も驚き‼︎🤣🤣天使かキミは⁈(親バカ 笑)

 

 

ランドセルが届き、テンションアップの3姉妹は、それから学校ごっこをはじめました。

 

一階からでもゲラゲラ笑い声が聴こえてくる盛り上がり様(笑)

 

 

そこへ、アホな生徒がひとり乱入🤣🤣🤣

f:id:tokurika:20220403172903j:image

「ハーイっ‼︎しぇんしぇ〜‼︎お腹が空いたんですけどどうしたらいいですか〜?🤪」

 

みんなで大爆笑でした‼︎

 

 

そんなこんなで、3年生にしてピカピカのランドセルを買ってもらった次女。

 

新学期が楽しみになりました😄

 

そして、ギリギリ経済でも、ある中でなんとかしよう…という子どもたちのアイデアや、思いやりの心に、なんか感激してしまった…😭

 

あったらあったでちょー嬉しいけど、なかったらなかったでそれも面白い🤣👍✨

 

経済の葛藤は多々あったけど、最近はそんなふうに思えるようになりやした‼︎😂

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます😉

f:id:tokurika:20220403173358j:image

(見て見て〜‼︎カツラ〜‼︎写真撮って〜笑🤣)

次女の夢を叶える

どうも‼︎とくりかです😃

 

 

今日は午後から雨が降りました。

 

次女がだいぶ前からずっと

「いちご狩りに行きたい‼︎」

と言っていまして…

 

 

今日は、次女の夢を叶えるため、4時間に一本のバスに乗って、五色というところのいちご農家さんに行ってきました。

f:id:tokurika:20220331212509j:image

f:id:tokurika:20220331212518j:image

残念ながら、出不精の長男くんは一緒に行ってくれませんでしたが…😂

 

 

45分食べ放題‼︎✨

 

と、いうことで…

 

 

一年間で我が家が食べる量くらいのいちごを食べまくり…🤣

 

お腹いっぱい〜‼︎🤣🤣💕

 

 

いちご、今高いので…

たま〜にワンパック買って家族で分けると、一人分だいたい2〜3個なのに(笑)

 

 

いちごが大好きな次女大満足😄

 

次女の夢のおかげで、家族も大満足‼︎

楽しい時間をすごせました。

次女は夢が叶って、春休みのいい思い出になったことでしょう😊

f:id:tokurika:20220331212610j:image

 

 

後先あんま考えないで、とりあえずできる範囲で子どもの「これやりたい‼︎」を実行…

 

はたして今月無事に乗りきれるか…⁈ハハハ〜🤣🤣🤣

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます😊🍓

f:id:tokurika:20220331212631j:image